← イベント概要へ戻る

第4回「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 OSAKA」 出展企業

出展企業情報は随時更新してまいります。

株式会社アルファコード

VRiderDIRECT

VRiderDIRECT

VRiderDIRECTは、誰でも、簡単に、すばやくVRコンテンツの制作・配信ができるようになるサービスです。
今までVRコンテンツ制作には専門的な知識と技術が必要でしたが、VRiderDIRECTを利用することで、ブログの更新をするように、簡単に、すばやくVRコンテンツを制作・配信できるようになります。
イベント当日はVRiderDIRECTのデモ体験を行います。
またサプライズとして、2019年4月中旬以降にリリース予定の新しいVRサービスについて、記念キャンペーンのご案内と共に詳細をご説明させて頂きます。

https://www.alphacode.co.jp/
×

株式会社インフォマティクス

GyroEye Holo(ジャイロアイ ホロ)

GyroEye Holo(ジャイロアイ ホロ)

GyroEye Holoは、設計CAD図面や3Dモデルデータなどをデータ変換し、ホログラム映像として1分の1スケールで実空間に投影する画期的なMRシステムです。墨出し等の施工支援から、構造物や機械設備の点検業務、遠隔コミュニケーション、レイアウト・干渉シミュレーション、教育研修まで、幅広く活用いただけます。

http://www.informatix.co.jp
×

HTC NIPPON株式会社

VIVE Focus Plus

VIVE Focus Plus

VIVE Focus Plusを発売に先駆けて日本初公開します。

https://www.htc.com/jp/
×

株式会社 エルザ ジャパン

参考出展「VR-1」デモを体験

参考出展「VR-1」デモを体験

フィンランドのVarjo社の“人の目”レベルの高解像度でVR体験できるVRヘッドセット「VR-1」を参考出展いたします。
VR-1は、現行世代のPC向けVRヘッドセットの20倍以上の高解像度を実現している産業向けVRヘッドセットです。2種類のOLED(有機EL)ディスプレイを採用しています。より低い解像度のディスプレイと、サイズが小さく超高解像度のマイクロディスプレイを使用。 中心窩に高解像度の映像を描画し続けます。またVR-1の参考出展に加えて、NVIDIAのグラフィックボードQuadro RTXシリーズも展示いたします。

www.elsa-jp.co.jp/
×

大阪工業大学

教育向けVRコンテンツ

教育向けVRコンテンツ

大阪工業大学では、学生プロジェクトSmart Learning Lab(スマラボ)において、主に小学生を対象としてVR学習コンテンツの製作や体験会を行っている。本展示では、その中の一つで現在制作中の、平安時代の絵巻をLive2Dによってアニメーション化しVRで視聴可能にした「VR伴大納言絵巻」を展示する。また、本学の授業向けの教材動画の製作に利用されているVR動画作成アプリ「SlidesGo」の展示を行う。

×

株式会社CADネットワークサービス

危険学習VR・PDCAシステム「まなVR」

危険学習VR・PDCAシステム「まなVR」

CADネットワークサービスが提供する「まなVR」は、建築、土木、設備、製造から防災にいたるまで、幅広い分野の危険学習に活用できるトータルVR学習システムです。
実際の現場を360度カメラで撮影またはフルCG制作によりVR空間として再現、あらゆるトラブル状況をVRにて再現し、複数のシナリオを搭載することにより、実際の実務に即したリアルな体験学習が可能です。
単にVRを体験するだけにとどまらず、採点評価・フィードバックの機能を備え、「まなV」サイクル=PDCAを強化し、学習者の真の意味での技能向上を助ける仕組みを搭載しています。モジュール単位で機能のUPグレードも可能です。

http://www.cadnet.co.jp https://www.youtube.com/channel/UChHGND2iInH9J_Af3YVKBDQ
×

株式会社QDレーザ

網膜走査型レーザアイウェア

網膜走査型レーザアイウェア

超小型レーザプロジェクタで網膜に直接映像を投影します。この方式はユーザーのピント調整能力の影響を受けにくい特徴があり、近視、遠視、乱視、老眼などでも、メガネなどの矯正が不要なほか、近くをみても遠くを見ても、映像に(既存のHMDに生じがちな)ピントずれが起きません。

https://www.qdlaser.com/
×

(株)神戸デジタル・ラボ

準備中

Gugenka®(株式会社シーエスレポーターズ)

「MakeAvater」「AvaMeets」「Holomodels」「東雲めぐ」「ハピバト」「ゲゲゲの鬼太郎VR」(6作品)

「MakeAvater」「AvaMeets」「Holomodels」「東雲めぐ」「ハピバト」「ゲゲゲの鬼太郎VR」(6作品)

「MakeAvater」:3DCGの知識がなくても誰でも簡単に3Dキャラクターメイキングできるスマートフォンアプリです。

「AvaMeets」:Oculus Goで複数人とコミュニケーションが取れるソーシャルVRアプリです

「Holomodels」:Appleの最新AR技術「ARKit」を導入し、 好きな場所に3DCGで描かれたARフィギュアを飾れるiOS用スマートフォンアプリです。

「東雲めぐ」「ハピバト」:GugenkaプロデュースのSHOWROOM、YOUTUBEなどで生放送を行うキャラクター作品

「ゲゲゲの鬼太郎VR」:「ゲゲゲの鬼太郎」の世界観を疑似体験できるVRアート作品『魂の送り火』。

https://gugenka.jp/
×

サン電子株式会社

産業用途向けARスマートグラス「AceReal One」

産業用途向けARスマートグラス「AceReal One」

「AceReal」はサン電子が自社開発している「AceReal One」(ARスマートグラス)、「AceReal Apps」(クラウド型業務支援アプリケーション)、「AceReal SDK」(ソフトウェア開発キット)をワンストップで提供するトータルソリューションです。
本イベントでは「AceReal One」を用いて、AceReal SDKの機能を使用して開発したデモアプリを展示します。

https://acereal.jp/
×

株式会社Synamon

NEUTRANS BIZ

NEUTRANS BIZ

NEUTRANS BIZ』は、複数人が同時にVR空間に接続し、遠隔会議やブレストを行うことができる次世代のコラボレーションツールです。資料や動画、さらには物体の3Dデータといったビジュアルイメージを共有しながら、顔や手の動きといった身振り手振りを交えたコミュニケーションが可能です。
「まるでその場に集まっているかのような臨場感がある」というVRならではの特徴を活かして、既存のテレビ会議システムでは難しかった複数人でのブレインストーミングや意思決定といった創造的なコラボレーションを活性化します。

https://synamon.jp/
×

株式会社ジャパンディスプレイ

高精細VRヘッドマウントディスプレイ (VRM-100) のデモ

高精細VRヘッドマウントディスプレイ (VRM-100) のデモ

高精細液晶パネルを活かしたVRヘッドマウントディスプレイによって、これまで表現できなかった緻密で没入感の高いVR体験が可能となります。クリエイター様のこだわりを細部まで表現し、細かい文字が読めるくらい高精細なVR映像を是非体験下さい。

https://jdi-vr.com/
×

株式会社スペースリー

研修VRもどこでもかんたんVR「スペースリー」

研修VRもどこでもかんたんVR「スペースリー」

2000社以上へと利用者が広がるスペースリーでは、高品質な360度VRを制作、編集、管理をかんたんにできます。また、事業用に360度VRを上手に活用するためのシステムが充実しています。いつ、誰が、どのコンテンツをどのような興味で見たかがリアルタイムに把握でき、個別の追客や営業マーケティングに効果的に活用できるセールスVRの機能、また360度VRの研修用コンテンツの作成や管理がシステムが含まれます。それらのデモ体験が可能です。

https://spacely.co.jp/
×

ダフトクラフト株式会社

Owl Vision

Owl Vision

Owl Visionは、VRコンテンツのUXデータを集積し可視化するソリューションです。アプリケーションに専用SDKを組み込んでいただくことでUXデータはCloud Serverに送信され蓄積されます。WEB上の管理画面で集計データの確認ができ、任意に集計、クラスタリングをしたUXデータはUnityで確認することができます。また脳波センサーやアイトラッキングなどの追加デバイスと連携することもオプションで可能となっており、より奥行きのあるデータ解析に活用していただける製品となっております。
2019年5月サービス開始予定で、2019年1月現在ベータ版が利用可能です。
・対応Cloud Server:AWS,Azule,GCP
・対応アプリケーション&HMD:Unityで作られたWindowsPCアプリケーション(HTC Vive、Oculus Riftなど)、Unityで作られたAndroidアプリケーション(Gear VR,Oculus Go,Mirage Soloなど)
※UE4は非対応。(対応検討中)
※iOSやMacアプリケーションは非対応。

https://daftcraft.co.jp
×

株式会社積木製作

安全体感VRトレーニング(予定)

安全体感VRトレーニング(予定)

企業向けVR教育プログラム「安全体感VRトレーニング」シリーズの最新作を展示予定

http://tsumikiseisaku.com
×

株式会社デジタル・ナレッジ

教育用VRコンテンツ制作サービス

教育用VRコンテンツ制作サービス

eラーニング専業企業として長年培ってきた実績をもとに、教育価値向上・コンテンツ価値向上を踏まえた教育用VRコンテンツ制作を行っています。
通常の講義・研修では効果が薄く、非効率的だった部分の教育・学習をVRによる「体験」「マニュアル」「トレーニング」によって、これまで教育しづらかったこと、分かりづらかったことを「教育しやすく、分かりやすい」教育に変えて行けると考えております。
また、制作だけではなく、VRを取り入れた教育設計、学習プログラム設計など、効果的な教育用VRコンテンツの活用方法等のご提案も行っております。
VRでの学習履歴、視線の履歴をeラーニングシステムと連携させることで新たな価値・新たな可能性をご提案いたします。

https://www.digital-knowledge.co.jp/ https://www.digital-knowledge.co.jp/product/vr-contents/
×

株式会社南国ソフト

WHITEROOM

WHITEROOM

WHITEROOM Fof HoloLensはHoloLens専用のリモートコラボレーションサービスです。3Dモデルやドキュメント、動画、音楽などをWebからアップロードするだけで、Mixed Realityの共有スペースを作ることができます。さらに共有スペースの中ではインタラクションを自分で設定することができ、自由にプレゼンテーションを作成できます。そのほか3Dペンや議事録機能など、プレゼンや会議に必要な機能がそろっています。

https://7659sw.com/
×

株式会社 日本経済新聞社

日経AR

日経AR

日本経済新聞社は、18年11月に「日経AR」アプリをリリースしました。
日経メディアは、AR(拡張現実)技術を活用することで、読む新聞から「体験
する新聞」へ進化します。このアプリを活用することで、「スペースに限りがある新聞の情報を拡張する」「ウェブサイトやSNSへ接続することでオンラインへの導線をつくる」ことが可能となります。また、ARプラットフォームとしてクライアント様の施策にご活用いただくご提案もいたします。

https://adweb.nikkei.co.jp/ar/lp/
×

日本ノーベル株式会社

VR付箋でコラボレートワークを加速

VR付箋でコラボレートワークを加速

初公開のVR付箋機能を出展いたします。
VRで立体的な空間や3Dモデルに対してコメント付きの付箋を貼ることができます。貼った付箋はクラウドに保存され、時間と場所の制約を越えて共有できます。デザインレビューやブレインストーミングの場面でVRならではの効果を発揮し、皆様のコラボレートワークを加速させます。
デジタルツインのコンセプトで物理空間とVR/ARがシンクロするデモをぜひ体験してください。

http://www.jnovel.co.jp
×

株式会社ハニカムラボ

Holo Attendant

Holo Attendant

Holo Attendantは、HoloLensを用いて現実空間をホログラムで案内することができるソリューションです。

特定の現実空間(商業施設、美術館など)や、特定の場面(工場見学、会社案内など)に対して、Webの管理画面上から任意の地点を設定し、任意のアテンダントキャラクターが設定した地点間の移動を案内してくれます。案内だけでなく、その地点についての解説や、実際に置かれているモノに対してホログラムや音によるアテンションを付与することもできます。

https://www.honeycomb-lab.co.jp/
×

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社

VRer!(ブイアラー)

VRer!(ブイアラー)

CGや動画を用いたVRコンテンツの制作から公開、閲覧までをワンストップで「かんたん」に体験できるサービスです。
プロモーションや顧客満足度を向上させる新たな手法として、VRの活用を検討する企業が増えています。しかし、VRのアプリを作成するには、ゲームエンジン などのツールを使う必要があるため、企業は新たに技術者を雇用したり、社内で一から勉強をしなければならないことなどが障壁となり、中々活用が進まない現状があります。
そこでパソナ・パナソニック ビジネスサービスは、社員教育をはじめ、店舗/オフィス/都市設計/商品・サービスなどのシミュレーションにおいて 、VRを手軽に活用してみたい企業や、趣味でVRを楽しみたい個人向けに、サービスを開始しました。(2019/2/14開始予定)

https://www.vrer.jp/
×

株式会社ビーライズ

安全シュミレータ

安全シュミレータ

HMDを被り、ハンドルコントローラーを使用して操作することで、実際にフォークリフト操縦者となって接触事故を体験することができます。VR上のフォークリフトのリアル感が臨場感を増幅し、より没入感のあるコンテンツで、今までの座学では得られない臨場感により教育効果が大きく高まることが期待されます。

https://www.berise.co.jp/
×

Pico Technology Japan㈱

Pico社製のHMDを展示及び体験コーナーを設置

Pico社製のHMDを展示及び体験コーナーを設置

準備中

https://www.picovr.com/
×

株式会社floorvr

VR端末操作システム・VR映像制作サービス・SHINRYOKU

VR端末操作システム・VR映像制作サービス・SHINRYOKU

当社はVR映像プロダクションを基幹事業としつつ、自社の経験に基づいて開発したVR端末操作システムの販売も行っております。VRコンテンツ制作とコンテンツ運用面の両面でクライアント様をサポート致します。また、当社では日本の自然や歴史、文化などのVRコンテンツアーカイブ事業であるSHINRYOKUを展開しております。2020年東京オリンピックに向けて、日本の観光PRにおけるVRコンテンツ活用のご提案などをさせて頂きます。

https://floorvr.jp
×

株式会社モノビット

モノビットVRデモ

モノビットVRデモ

Unityで簡単にマルチプレイを簡単に実装できるMUN(Monobit Unity Networking 2.0)を用いたVRデモを展示します。
遠く離れた場所とのVR空間内でのミーティングなど、この先の新しい働き方をご提案します。

https://monobit.co.jp/
×

株式会社Mogura

BIM to VR(仮)

BIM to VR(仮)

Mogura初の開発案件。BIM建築設計ソフトで作成した建築モデルをVR向けに変換し、必要な操作などを加えて最適化したデモを展示します。

http://mogura.co/ja/
×

More coming soon..

本イベントの取材を希望される報道関係の方はこちらよりお申し込みください。